私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

良いお年を!!

今年もあと半日です。12月は色々と忙しかったのですが、忙しいついでに年末の用事も早く済ませてちょっと余裕が出来た大晦日になりました。

この拙いブログを訪問して下さった皆様、有難うございました。
今年は沖縄の植物の中でもシダを探して歩いた事が多く、名前が分からず悩んだ事も多かったけど楽しい1年でした。シダ以外の花も色々出会いがあって、ブログには登場させなかったけど良い花も見る事が出来ました。

やんばるの山仲間、すみれの花友達、シダと花友達、そしていつも分かりやすくご指導をして下さる光田先生に感謝とお礼を申し上げます。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
正月は1月5日位から開始したいので、それまではPCを見る事が出来ないかもしれないので、コメント欄は閉じさせて頂きます。

皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。

ベニバラボロギク キク科
resize17669.jpg

resize17665.jpg
スポンサーサイト

ナンカイイタチシダ

オシダ科 オシダ属

なんて綺麗なシダなんだろう!と見た時は思いました。草刈りをされたらあっという間になくなってしまいそうです。

見わけは難解な。。という言葉が頭をよぎってはいますが。。
当てはまる所もあったので載せてみました。

葉は2回羽状、革質、中~上部の羽片は両側がほぼ平行。
ナンカイイタチシダ2012.12-1

more »

悩ましいシダですが。。

初めて見た時オキナワカナワラビとなんだか違うなと、撮ってみて、最下羽片の下向きの第一羽片が大きいので、ホソバカナワラビなのかなと思ったのですが、胞子嚢群の形が違ってて、あれ~何だろうとずっと悩んでて、このまま年を越したくないなと思うシダの一つだったのですが、パンダさんのブログでを拝見して、もしかしたらこれもそうかな??と載せてみました。

テンリュウカナワラビ? なんて名前を聞くのは初めてなんですが。違ってるかもしれないけど。

resize17613.jpg

more »

リュウキュウツチトリモチ

だいぶ前に情報を頂いていたので、そろそろでは。。と様子を見て来たのですが。。
石灰岩の岩の間で、まるで宇宙人の卵みたいな、そんな感じでひっそりと3株出ているのが見えました。
でも、周りの風景を写すわけにはいかないので、これだけみたらかなりインパクトがありますよね。
リュウキュウツチトリモチ2012.12-1

まだ開花前の色の薄紅い状態です。昔、別な所で見たのはこれの70%位小さい個体で、色も黄味をおびた薄いものでした。こんな紅色のは沖縄本島にはないのかも知れないと思っていたのですけど。。

まるい卵みたいな所が花穂でその下のプツプツした丸い(そういえばYさんはネックレスと言ってましたねぇ)のが雄花、その下の花茎についているのが麟片葉だそうです。

more »

リュウキュウイノモトソウ

初めは小さなマツザカシダか?と思ったのですが、良く見るとリュウキュウイノモトソウの様で、斑入りでした。
リュウキュウイノモトソウ2012.12-1

more »

キバナイソフサギ

ヒユ科
もうだいぶ前ですが、黄色いイソフサギを探して何度も海に行った事がありました。東シナ海岸側の海辺では全然見つからず、そんなのあるのかなぁ~と思ったりもしたのですが、知人のAさんの案内でやっと見る事が出来で喜んだ事がありました。
それが。。。すっかり忘れていたのに 昨日の海辺ではこればっかりで!! ある所にはあったのですね。知ってる人には当たり前~だった様ですが。
キバナイソフサギ2012.12-1

more »

クソエンドウ

もう2週間も外に出て花を見る事もなかったですが、今日はすこし時間が出来たので、やんばるでなくても。。と久しぶりに海辺へ出かけて来ました。曇りでしたが、穏やかで良い天気だったので、ゆっくりして来ました。

クソエンドウ
海岸の岩上や砂地に生えるマメ科のこの花が咲いているよ、と前に教えて貰っていたので行ってみたら、海水が入る手前の砂や岩の隙間などでたくさん咲いてました。
思ったより大きめの花ですね。
クソエンドウ2012.12-4

more »

ヒカゲヘゴ

ヘゴ科 ヘゴ属

普段一番みかける事が多いです。高さはそれぞれですが、山の中では10m以上のも見かけます。植栽にも良く使われています。
ヒカゲヘゴ2012.7.28

more »

ヘゴ

ヘゴ科 ヘゴ属

初めのころはヒカゲヘゴとの区別が良く分からなかったのですが、見分け方を教えて貰ったらどうにか見つけられる様になりました。

黒褐色の茎は直立して4~5m。
ヘゴ2012.11.-2

more »

クロヘゴ

暫くは山へ出かけられないので撮りためたフォルダの中から。。

ヘゴ科 ヘゴ属
森林の中で良くみかけます。樹幹が黒っぽくて高さはせいぜい1.5m位です。
クロヘゴ2012.08-3

more »

タイワンホウビシダ

チャセンシダ科 ホウビシダ属

初めはナンゴクホウビシダ?と思いましたが、比べるとやや丸っこい感じがするし、ソーラスがちょっと違うかなというのが最初の印象でしたが、帰って調べたらタイワンホウビシダではないかと思いました。
タイワンホウビシダ2012.12-1

more »

エダウチクジャク

サンカクホングウシダの若い姿がエダウチクジャクに似ているという事で、実際に見てみたいと思っていたのですが、情報を頂いて願いが叶いました。初めは若い株が多くて、確かに似てるな~と思いましたが、暫くすると成株もありました。このシダもかっこ良かったです。葉身は単羽状から2羽状複葉~まれに3回羽状複葉。写真では上手く撮れていませんが、測ってみたら葉身が21cm。葉柄が30cmありました。
エダウチクジャク2012.11-1

more »

シンエダウチホングウシダ

マルバホングウシダの変種で胞子嚢群をつける葉が必ず2回羽状複葉で、と図鑑にあるのでこれに該当するのではないかと思いました。
resize17006.jpg

more »

マルバホングウシダ

ホングウシダの仲間は山に行くたびに見かけますが、姿が多様でなかなか名前をつけられない個体が多くて、いつも困ります。とりあえず特徴が分かりやすいのからやってみます。

やや乾いた感じの林の中でみたこのシダはこの姿からマルバホングウシダではないかとアップしてみました。

resize16983.jpg

羽片は扇形と言っていいのかな。一番下に1対の側羽片がありました。

more »

ツルホラゴケ

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

岩にも木にも良く這って伸びていってました。以前西表では大きな樹幹を覆っていたのを見た事がありましたが、やんばるでもこんなに広がって這っている所もあったのだ!
ツルホラゴケ2012.11-1

more »

先日のやんばる

この頃シダを求めて渓流沿いに行く事も多くなりました。台風後の荒れた山も少しずつですが、元に戻ろうとしているのが感じられます。

オキナワセッコクの蕾が膨らんでいます。こうなったらあっという間に咲きますよ。
オキナワセッコク2012.11

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索