私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ウスバクジャク

チャセンシダ科 ホウビシダ属

暗い沢近くの岩の下側についてました。初めはナンゴクホウビシダかと思いましたが、胞子嚢群の形が違っていました。
ウスバクジャク2012.11-1

more »

スポンサーサイト

リュウキュウコケシノブ

コケシノブ科 コケシノブ属

以前に見た時はほんとにちょっとだけで、何かなぁ~と写して、後から名前を教えて貰った小さなシダですが、もっと詳しくみたいと思っていた所でした。最近歩いていた沢で岩についているのがあって、今回は胞子嚢群もみられたので良かったです。
リュウキュウコケシノブ2012.11-1

more »

岩手県へ

毎年出かけている沖縄の仲間と岩手県へ行って来ました。観光目的は世界遺産の平泉です。私は1日早目に岩手に行って、丁度いしのまきに友人が居る時だったのでちょっとだけ仲間より先に案内をして貰いました。

行く前には「紅葉といえどもこの時期は遅いし、もう何もないよ」と他の知人に言われていたのでどうかなと思いながら行ったのですが、山の付近では終わりかけでも綺麗な紅葉が見られました。ここではシダと少しだけ咲いていた花を載せます。

でも、あら~と思ったのはシダも紅葉していたのです。沖縄以外の方なら当たり前なんでしょうが、私にはとても新鮮でした。

最初に撮ったのはこのオレンジ色のワラビです。
ワラビ2012.11.23-1

more »

ヒメホングウシダ

ホングウシダ科 ホングウシダ属

一瞬カミガモシダと思って んっ!!としゃがんでみたら、どうもソーラスの様子が違いました。
小さいけど、ホングウシダの仲間と思ったけど、どうもこの小ささはヒメホングウシダしかないのではと思います。図鑑では乾いた枯れ葉の上にありましたが、これは浅い渓流の縁で、増水すると浸かってしまう所ですが、意外と根がしっかりした感じでした。
ヒメホングウシダ2012.11-1

more »

シマシロヤマシダ

今度こそシマシロヤマシダかなと思って載せてみました。以前にやんばるで見た時はこれもヒロハノコギリシダだと思っていたのですが、教えて頂いたポイントを思い出しながら。
resize16500.jpg

more »

ササバサンキライ

半年前に見たササバサンキライの花とちょっと違うなと思いましたが、こちらは雄花ではないでしょうか。濃い紫紅色の花は小さいけどなかなかかっこ良かったです。前と半年も時期が違うので、こういう花はもう偶然の出会いを期待するしかないですね、花の少ない今の季節にラッキーだったと思います。
ササバサンキライ2012.11-1

ササバサンキライ2012.11-2
前に見た花はこちらです。 ⇒ 

ホザキカナワラビ

オシダ科 カナワラビ属

以前には山の渓流近くで見たので、そこへもう一度行って見ようと思っていた所でしたが、なんと時々行く山の道沿いで普通に見られました。どうも私はコバノカナワラビの葉と混同して見ていた様です。葉の先の新芽を見なければ気が付かなかったです。分布は沖縄本島と座間味島と渡嘉敷島だけの固有種なのでしっかりと覚えなければと思います。
~~~~~~~~~~~~~~追記~~~~~~~~~~~~~~~~
ホザキカナワラビは九州の奄美大島と徳之島、それと石垣島にも自生があると光田先生にご指摘を頂きましたので追記します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホザキカナワラビ2012.11-1

more »

ナタギリシダ

ヒメシダ科 ヒメシダ属

西表島でコバザケシダを見て来たので比較が出来て良かったです。自生の環境は似た様な山地川沿いの湿った所でした。
ナタギリシダ2012.11-1

more »

ヘラシダとノコギリヘラシダ

ノコギリヘラシダ
イワデンダ科 オオシケシダ属

山中の渓流で見かけたノコギリヘラシダと思われるシダです。長さは葉柄で11cm、葉身は15cm。葉身の幅は一番広い所で1.5cm。
ヘラシダ類2012.11-1

more »

ムッチャガラの名前の由来について

「ムッチャガラの命名の由来」について光田先生より宿題を頂きましたので、確かめてみました。
resize16264.jpg

more »

サンンカクホングウシダ

ホングウシダ科 ホングウシダ属

やや暗い感じの湿った林下にいたカッコいいシダ。前に見た時もそうだけどこのシダは暗い斜面が好きな様だ。
サンカクホングウシダ2012.11-1

more »

ムッチャガラ

モチノキ科 モチノキ属

久しぶりに樹木の花です。ムッチャガラとは沖縄の方言名ですが、そのまま和名になっています。一度聞いたら忘れないですね。他にはナガバイヌツゲ・シマイヌツゲという名前があります。
山地に見られる常緑小高木。雌雄異株。

追記:(知人より以下の情報を頂きましたので追記します。)
ムッチャガラはナガバイヌツゲの変種扱いで、石垣、西表島、与那国島に産するナガバイヌツゲ より葉が小さく、葉柄も短いことで認識してます(琉球植物誌でも別々に掲載されていました)。
ムッチャガラ2012.11-1

more »

アシガタシダではないでしょうか。⇒ ハチジョウシダ

光田先生の「端正な姿を守り続けて森に潜んでいるのに。。」というお言葉がきっかけで、もうフォルダにしまっておくよりも。。。とアップしてみました。

このシダは過去に4か所でみていますが、まだどれも成長していなくて胞子嚢群を確認してはいないのですが、この仲間はどれも胞子嚢群は裂片の辺縁にそって出来るはずなので、他の特徴で同定出来るのではという思いです。
アシガタシダであって欲しいけど、違えばそれはそれですっきりするし。。

まず、1のポイントで見たもの。
葉身は2回羽状深裂。下の羽片はさらに後ろ側に深裂した小羽片をつける。各羽片の先を線で結ぶと5角形状。
resize16341.jpg

more »

カワリバアマクサシダ

イノモトソウ科 イノモトソウ属

カサカサと乾いた葉の落ちる林下で見ました。、胞子葉はオオバノイノモトソウに似てるけど、栄養葉がアマクサシダに似る面白い形のシダだなと思います。
カワリバアマクサシダ2012.11-1

more »

西表へ タマツナギかな。。⇒タマツナギ

少し湿った感じの荒れ地でゴソゴソと頭を突っ込んで草を分けて覗きこんでいたら、こんな小さい花が目に飛び込んで来ました。花の感じからマメ科というのは分かるので、後で調べればいいかなと思って写して来たのですが、同定に自信がなくなりました。どなたか名前を教えて頂けるとありがたいのですが。
~~~~~~~~~~~~~追記~~~~~~~~~~~~~~~~
下のコメント欄でうらのさんよりタマツナギで良いとの情報を頂きました。花は淡黄白色と淡紫色があるようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
resize16204.jpg

more »

西表へ インドヒモカズラ

ヒユ科 インドヒモカズラ属

石灰岩の岩を這う蔓性の常緑亜低木。宮古島、大神島、来間島、石垣島、西表島、波照間島に自生する植物で沖縄本島では見る事が出来ない植物で西表島でも自生は少ない様です。岩から垂れ下がり、葉も綺麗ないい状態でした。
インドヒモカズラ2012.10-1


more »

西表へ イソマツ

イソマツ科 イソマツ属

沖縄本島では黄色いウコンイソマツがあるのですが、何故かこの花は無いです。黄色も良いけどこのピンクのイソマツと海をセットで撮りたかったので、最後の日海辺に行きました。朝日があたってなかなか良い雰囲気で咲いてました。
イソマツ2012.10-1

more »

西表へ ハスノミカズラ ・ コバノセンナ

昨年の暮れに大きなイガイガの豆果を見ていたので、今頃は多分花が咲いてるはず。。。と現地に行ってみたら予想通りでした。
大きなツルの大きな総状花序についた花が丁度咲き始めたばかりでした。
ハスノミカズラ2012.10-1

more »

西表へ ヤエヤマセンニンソウ

キンポウゲ科 センニンソウ属

今回は5度目位の対面でやっと花をみました。季節になれば道沿いでも見られますが、丁度の時に来た事がなかったのですね。今回は花期ではあったものの、夏の台風の影響で蔓性植物が姿を消した所が多かったので、どうかなと心配でしたが、どうにか大丈夫でした。
ヤエヤマセンニンソウ2012.10-1

more »

オオミミガタシダではないでしょうか。。⇒オオミミガタシダ

綺麗だなと思って何気なく撮っていたので、後からはもうどの辺だったか忘れてしまった残念なこの子なんですが、図鑑でみるとオオミミガタシダに似ているので、載せてみました。胞子嚢もなかったので証拠不十分なんですが。葉身は単羽状で羽片の前側の耳や欠落した下側とか柄があるせいかとてもすっきりと美しい姿なのですが。。ヒントでも頂けたら嬉しいのですが。
~~~~~~~~~~~~~~追記~~~~~~~~~~~~~~~
オオミミガタシダ オシダ科 イノデ属
胞子嚢群はついていないけど、大丈夫な様です。沖縄本島にも自生はある様なので胞子嚢群のついたのを見つけたいです。光田先生、有難うございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

resize16054.jpg

resize16055.jpg


西表島で見たシダ類は他に以前に見た事のあるシダや、撮り損ねた残念なのもありますが、又次の機会の楽しみにしたいです。この後は道沿いや野の花を少しだけ載せてみたいと思っています。

 | HOME |  »

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索