私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヨゴレイタチシダ。。かな

まだ攻略していない沖縄本島のオシダ科の中から候補を挙げてみて、それから当てはまる物を探すと、ヨゴレイタチシダかなと思うのですが。
2012.09-1

追記:ヨゴレイタチシダ(オシダ科 オシダ属)で大丈夫でした!^^//
 
 似たのにニセヨゴレイタチシダがあるけれど、沖縄方面の記録はない。(特徴はヨゴレイタチシダよりも鱗片は明るい褐色、包膜は微小)

more »

スポンサーサイト

ホコザキウラボシ

ウラボシ科 ヌカボシクリハラン属

山地の湿った岩などに着くシダ。想像していたのよりは小さかったけれど、以前もどこかで見た様な気がするシダでした。
ホコザキウラボシ2012.09-1

more »

やんばる日記

そろそろ開花かなと花仲間と一緒に行って来ました。

オオオサラン
石灰岩の岩に着生してレモンイエローの可愛い花を咲かせるのですが、やっぱり台風の影響を受けた様で、先の方が千切れてました。

オオオサラン2012.09-1

more »

ヨウラクヒバ

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属

ヒカゲノカズラ属3つ目です。先にあげたナンカクランと同じような環境でみますが、数はこちらが少ない様に思います。木の幹に着生して茎が叉状に分岐しながら下垂して行きます。この株は長さは1m位はあってかなり年季が入っていますが、初めて見たのは4年前、更に成長を続けています。
ヨウラクヒバ2012.09-2

more »

ナンカクラン

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属

オニトウゲシバと同属でソーラスの形も似ていますが、こちらは下向きに着く事が多いかな。
割と湿気の多い林下の岩や、樹木の幹に着生する。この株は20cmでした。もっと大きいのもたまに見かけます。
ナンカクラン2012.09-1

more »

オニトウゲシバ

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属

沖縄本島の分布ではトウゲシバとなっていたので、普段オニトウゲシバと言っているのは?と最近疑問でした。でも図鑑をみるとホソバトウゲシバ(日本での分布全域)、ヒロハノトウゲシバ(これも分布に入っている)オニトウゲシバと3つの型をまとめてトウゲシバという事が分かった。全部沖縄に有りそうだ。

では何時も見ているのは? と疑問で探したら、光田先生の図鑑で3型を比較したイラストがあって分かりやすかったです。オニトウゲシバは葉の長さや幅が一番大きい様で葉柄がある。以前に撮った物をみたら幅や長さは測ってなかったけれど、葉柄があるので、やっぱりオニトウゲシバでいいのではと思い載せてみました。

茎は基部が地表近くを短く斜上して何回か叉状分岐し、そのまま直立、上部でも1~3回叉状に分岐する。
オニトウゲシバ2012.04-1

more »

ハチジョウカグマ(タイワンコモチシダ)

シシガシラ科 コモチシダ属

このシダは西表でも見た事がありましたが、やんばるでもありました。 今年4月に撮ったものですが。それで、また全体を取るのを忘れてしまって、葉の表面からでている無性芽がつい目に入って優先してしまった。見ごたえのある派手なシダだ。
ハチジョウカグマ2012.04-1

more »

オオアマクサシダ

イノモトソウ科 イノモトソウ属

先日やっと見る事が出来ました。ずっと探していたのですが、これかな?と思ってもほとんどがアマクサシダだったりして。。 でも今回は大丈夫と思うので載せてみます。
オオアマクサシダ2012.09-2

more »

最近みた草花

最近みた草花を幾つか取り上げてみます。

トガリバツナソ(別名:シマツナソ)
シナノキ科 ツナソ属
日当たりの良い荒れ地で生えていました。これは高さ50cmで立っていましたが、横に広がって行く時もあるようです。それほど目立つ訳ではなく、地味な感じですが、モロヘイヤの仲間と聞いて写しておきました。
トガリバツナソ2012.09-1

more »

ハマホラシノブ

ホングウシダ科 ホラシノブ属

その名前の通り、海辺のすぐ側で見かけました。
ハマホラシノブ2012.09-1

ホラシノブ属は基本的には4種類、ホラシノブ、ハマホラシノブ、ヒメホラシノブ、コビトホラシノブ。(他に交雑種もあるらしいですが)大きさはこの名前の順番通りの様です。そのうち沖縄本島にあるのはホラシノブとハマホラシノブだから分かりやすいかな。

more »

オオトキワシダ

チャセンシダ科 チャセンシダ属

湿った岩上に生えていた、このシダが目に止まりました。葉身は30cm位で、なんだか裂片の幅が広いなぁというのが第一印象。裏返して胞子嚢群をみたら今までのと違う様子なのでちょっと嬉しい。
オオトキワシダ2012.09-1

more »

ヤンバルフモトシダ

又登場させました。といっても今度のは番外編かも。。
二か月前、雨の中せっせと山道を歩きながら脇をみたら、ここにもヤンバルフモトシダがと思ったのですが、ちょっと足が止まりました。
ヤンバルフモトシダ2012.07-1


more »

ボウコツルマメ

マメ科 ダイズ属

海岸近くの整地された芝の中に小さな花を咲かせていました。初め見つけたのは一輪の小さな花、これだけだったら見過ごすかも知れませんが、気が付いて周りを見回すとかなりの広範囲で咲いていました。
ボウコ。。と付く名前は変わってるな~と思っていたのですが、台湾の澎湖諸島から来てるんですね。分布がオーストラリアから太平洋諸島、および台湾の澎湖諸島、そして琉球列島の限られた島となっていてとても興味深い。
ボウコツルマメ2012.09-1

more »

アラゲヒメワラビ

ヒメシダ科 ヒメシダ属

やや湿り気のある林縁で見かけました。ヒメワラビの変種とされていて、ヒメワラビより大きく、毛もより多い、ヒメワラビの分布域は九州までで、本種は分布域の南にあるもの(日本の野生植物:シダ 平凡社)とあるのでアラゲミメワラビとしました。ただヒメワラビと比較したわけではないので、いいのかな。。とは思うのですが。葉身は1mは越えていました。
アラゲヒメワラビ2012.04-1

追記:下のコメント欄で光田先生に教えて頂きましたのでこちらに追記しておきます。
 ヒメワラビの分布は奄美までで沖縄には確認されていない。
 葉裏の毛の長さはヒメワラビより長い、(トウヒメワラビはほとんど毛がない)
 ヒメワラビの葉裏の毛は1-2細胞からできていて、アラゲは3-4細胞で、毛が長め。

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索