私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タカワラビ

タカワラビ科 タカワラビ属

山の尾根から沢に下がる傾斜のある斜面で群生をなして生えていました。高さは余裕で人の身長を超す大きさですが、1m位のもたくさんあります。葉裏を返してみるとやや白っぽい くすんだ様な感じだし、分かりやすいシダです。この写真のはやや大きくて側羽片の長さが1m位、葉柄は1.5m位ありました。時々行く山の斜面にタカワラビの谷間みたいな群生地があるけれど、大きすぎて下に潜ると面白そうですが、ちょっと怖い。。
タカワラビ2012.08-1

more »

スポンサーサイト

ワラビ

コバノイシカグマ科 ワラビ属

これがあのワラビ?と以前こんな質問をした事がありました。小さい頃はワラビを摘んで山菜とする週間はなかった様に思うのですが、私は以前に北の方に住んでた事があるので、良く山裾辺りから取ってきたり、お店から買ってきたりして食べたものです。おでんとか、山菜蕎麦とか炊き込みご飯とか。。。いろいろ使いますよね~。春先の新芽しか知らなかったので、野原で大きくなった姿をみて、あ、シダ類だったのだと気が付いた次第で。。。
そう言えば大きなシダでヒカゲヘゴだって新芽を食べますよね。

ワラビ2012.05-1

more »

ヘツカシダ

ここ2~3日はずっと風が強くて時々大雨の不安な天気続きですが台風が近づいて来ています。今週末は955ヘクトパスカルの大型がまともに来そう。来週まで山に行けそうにありません。

オシダ科 ヘツカシダ属
先日見たヘツカシダを載せます。山の渓流を歩けば大抵有るので、数でいえば一番数が多いシダではないでしょか。平地ではホシダも多いですが。。
栄養葉は単羽状形。写真のはかなり大きくて1m近くあった様に思います。下の足元には小さめのもありましたが、周りにはオキナワキジノオもたくさんあって、後で分かったのですが、この二つの雑種でオオオキナワキジノオというのがあるらしい。。もう一度あるかどうか行ってみたいです。
ヘツカシダ2012.08-1

more »

ホコザキベニシダ

オシダ科 オシダ属

ベニシダの仲間は沖縄にはどれくらい有るのか分かりませんが、これは林下では良く見かけます。
多分ホコザキだろう思いながら、何時までもフォルダに貯めておくわけにはいかないので載せてみました。
ベニシダというのも有るので、その違いとか比較が出来るほどまだ探してはいませんが、麟片が割と少なめだし鉾形の様な頂羽片みたいな姿なのでホコザキベニシダとしました。
ホコザキベニシダ2012.02-1

more »

ヒトツバイワヒトデ

今日はシダがたくさんあった渓流へ又行ってみました。もう名前のタイトルを書いてしまいましたが、お馴染さんの渓流のシダに交じってなんだか変わったシダが。。。
初めは手前がヘラシダで向こう側がイワヒトデと思っていたのですが。
ヒトツバイワヒトデ2012.8.18-1
うん?なんか違う。
ヒトツバイワヒトデ2012.8.18-2

more »

クモラン

ラン科 クモラン属

分布は関東以南と広いので県外ではそれほど珍しくないと思いますが、この頃沖縄ではなかなか見る事が出来ない野生ランとなってしまいました。
クモラン2012.08-2

more »

ミカワリシダ

ナナバケシダ科 ナナバケシダ属

カワリウスバシダに似ているけれど、こちらは側羽片は1~3対と少ない。
ミカワリシダ2012.03-1

more »

カワリウスバシダ(ウスバカワリシダ)

ナナバケシダ科 ナナバケシダ属

山地の湿った林下や渓流近くなどでたまに見かけます。割と大型で見ごたえがあります。時々行く山以外でみたのは今回が初めてで、個体数は以外と少ないのかも知れない。
カワリウスバシダ2012.08-4

more »

シノブ

シノブ科 シノブ属
高い木の幹上に生えていて今まで詳細を見る事が出来なかったのですが、これは沢にあった倒木についていて目の前で見ました。すぐ側にすでに枯れてしまったオキナワセッコクの株も付いていて、高い所にあった事が分かります。容姿の綺麗なシノブさんです。
シノブ2012.08-1

more »

ヤリノホクリハラン

ウラボシ科 イワヒトデ属

山地の湿った岩上で良く見かけます。時々ヤリホノクラハランと言いそうになってしまうけど。。。
単葉で基部に近い所が幅が広くなっているのでヘラシダとは見わけが付きやすいのではないかと思います。
ヤリノホクリハラン2012.05-1

more »

腐生植物など。

やっと台風が過ぎたかなという事でお誘いの連絡がありやんばるへ行って来ました。
まだ雨の確率は50%でしたが、雨具持参で参加。木の枝が落ちたり、倒木があったりで山は荒れていました。長く雨が続いたせいか腐生植物が良く出ていて、見つけるのが面白かったです。

ウエマツソウ
ホンゴウソウ科の仲間では割と大き目なので少し離れていても赤い色が目に入って来ます。それでも2年前に見た時よりはだいぶ少なくなったのか、この日見たのは3株。
ウエマツソウ2012.08-1
少し拡大しますと、画面右上の細い線形で裂片が6裂している物が雄花。左側集合果を作っているのが雌花。
ウエマツソウ2012.08-2

more »

ミヤマノコギリシダ

イワデンダ科 ノコギリシダ属

ノコギリシダよりは小さいけれど、葉身はいちばん名前にふさわしい姿ではないかなと思います。
側羽片の幅が結構大きかったり小さかったりで、また辺縁の鋸歯の具合も悩んだりしましたが、今回ホソバノコギリシダらしきものも探せたので比較が出来て、多分大丈夫ではないかと思ってアップしてみました。

resize13228.jpg

more »

ホソバコウモリシダ ・ エラブコウモリシダ

ヒメシダ科 ヒメシダ属

コウモリシダは山では良く見かけますが、これはその変種で同じような環境で見つかります。
コウモリシダが3出葉なのに対してこちらは側羽片が2~4対。

ホソバコウモリシダ2012.07-2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記:1枚目はエラブコウモリシダ(コウモリシダ×ケホシダの自然雑種)に訂正いたします。3枚目4枚目、5枚目も同じです。

コウモリシダは2枚目と6枚目となります。
下記のコメント欄で光田様の違いの詳しい解説がありますので、ここでは順番を入れ替えずにこのままにしておきます。

こまつなの部屋の沖縄の植物の沖縄のシダ類で掲載する時には分類し直しておきたいと思います。このページはまだ完全ではありませんので、暫く時間がかかるとおもいますが。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索