私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ミヤコジマハナワラビ 11.7.24

ハナヤスリ科でミヤコジマハナワビ属 1属Ⅰ種の珍しいシダ植物です。
沖永良部以南、沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島が分布となっているようですが、沖縄本島ではまだ見た事がありません。
初めてみた第一印象はシダのイメージと全く違うその姿です。
なんというか、かっこいい!!
ミヤコジマハナワラビ11.7.24-1

more »

スポンサーサイト

クロボウモドキ 11.7.24

バンレイシ科
高さ10~15mにもなる常緑の高木。
日本では八重山諸島が自生の北限。葉が青っぽくて、まっすぐ伸びる。
昨年の6月にこの木を遠くから見せて頂きましたが、今回は実が付いてるという事で又案内して頂きました。
クロボウモドキ11.7.24-1

more »

他に見た西表の植物達 11.7.23

アワダン(ミカン科)別名コミノアワダン
高さ4~5mの小高木です。葉は対性で3出葉。
アワダン11.7.23-1
小さな白い蕾が密集してました。

more »

ホザキヒメラン11.7.23

林道の縁のやや高い所で一株咲いていました。
残念ながら望遠での撮影なので全体の姿しか写せていません。
葉がカンダヒメランに似ていますが、それより大きさがあります。
ホザキヒメラン11.7.23-1

more »

シュウカイドウ科の花 11.7.23

日本に自生するシュウカイドウ科の植物は2種類。
一つ目は コウトウシュウカイドウです。
コウトウシュウカイドウ11.7.23-1

more »

バイケイラン 11.7.23

高さは1~2mとかなりの大型の野生ランでした。大きいのは近寄ると完全に見上げてしまいます。
うす暗い林のなかでかなりの群生をなしていました。

バイケイラン11.7.23-1

more »

エンレイショウキラン 11.7.23

この華やかな野生ランを見るために西表に行って来ました。
昔はやんばるの山の中にも結構あったらしいのですが、最近はめったに見られなくなり、仮に株があってもなかなか開花まではみる事が出来ないのです。
開花の情報が伝わってきてどうしようとグズグズしてましたが、もう会えないかなと考え思い切って2日間で出かけてきました。

朝一便に乗り、西表に着いてからは情報を下さったTさんが待っていて下さって、まっすぐ現地に向かうと
山の樹林の足元に鮮やかな花をたくさん付けたこの花が目に入って来ました。
なんとすごい!
エンレイショウキラン11.7.23-1

more »

オキナワキノボリトカゲ

たまにみかけるトカゲ君。小さいのにとても精悍な顔つきです。
手にとるとチクっと咬んで来ますがそれも愛嬌。
体長さ10cm内外の小さな体を持つ。
オキナワキノボリトカゲ11.7.16-1

じつはこの写真は画像を横にしたもので、実際はこう↓です。木登り中ですね。
オキナワキノボリトカゲ11.7.16-2

ネジバナとナンゴクネジバナ

もうすでに開花期は終わっているのに。。と話し合いながら山歩きの帰り道に寄ったネジバナです。
一見春に咲くのとはあまり違わない様にみえるのですが。
ネジバナ11.7.16-1

more »

やんばる日記11.7.16

非常に大きな台風6号がやって来そうで、その前にと言う事でやんばるへ行って来ました。
水をいつもより多めにもって久しぶりに山に入りましたが、やっぱり暑くてハァハァいいながら山道を上がったり、下りたりで、1日がかりで疲れましたが、最近歩いてなかったので充実した1日となりました。

先月に比べて山の中は花が増えていた様に思います。
その中でも夏の主役のエビネがあちこちで花を咲かせ始めていました。
紅い色のリュウキュウ(ユウヅルエビネ)です。
リュウキュウ11.7.16-1

more »

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索