FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

屋久島へ(6)

海岸では沖縄と共通する植物が沢山ありました。
コゴメマンネングサ ベンケイソウ科
この草が生えている場所を前日に教えて貰っていたので、最後の日に寄ってみました。3人で探してやっと友人が見つけてくれたこの株ですが、あと少しで開花という所でした。草丈は一番背の高いもので9cm位。
コゴメマンネングサ20190603-2

more »

スポンサーサイト

屋久島へ(4)

ウラジロフジウツギ(コフジウツギ)  ゴマノハグサ科
少し前に三島村で花のない姿をみていましたが、今回は海岸に近い低地で花が咲いていました。崖など荒地に生える落葉低木らしい。これで高さ1.5m程度。
ウラジロフジウツギ20190602-3

more »

屋久島へ(2)

ヤクシマムグラ アカネ科
2日目の晴れた日にちょっとだけ登山しました。目的のコケスミレはこのあとスミレのブログに載せますが、途中で見かけたこの小さな花も可愛らしかったです。
ヤクシマムグラ20190531-2

more »

屋久島へ(1)

先週から今週3日まで屋久島でした。初めはお天気、後半は雨時々曇りで、あまり高い所へは行かず、林縁や海岸を回ったりでした。前回見た物や、初めての花等友人に教えて貰いながら、楽しい花旅でした。
順不同で整理のついたのから載せて見たいと思います。

チャボシライトソウ  シュロソウ科
二日目の晴れの日に山の途中まで行った時に見かけた物です。湿った岩を覆う苔の中に生えていました。
チャボシライトソ20190531-2

more »

キヌラン等

キヌラン 今年は沖縄で初めて見つけたのに、こちらでも。九州では珍しくないのかも知れませんが。。
キヌラン20190413-1

more »

ヌカヅキヤツシロラン

ちょっとユニークな姿のこのオニノヤガラ属も前回のトカラヤツシロランと一緒の菌従属栄養植物。筒状の子房の上にある下膨れしているのが花の部分で、沖縄のツボミヤツシロラン同様に花弁を開かないまま、光合成もしないまま菌類に頼って生きている植物です。
ヌカヅキヤツシロラン20190412-1

more »

トカラヤツシロラン

鹿児島港から船で3時間、三島村(竹島)でみたオニノヤガラ属の一つです。
竹島は名前の通り島のほとんどが竹(リュウキュウチク)で覆われていて、灰色の竹林の林床で花を沢山つけ、スッと立っている様子はかなり存在感がありました。
トカラヤツシロラン20190412-1

more »

ヒメキセワタ等

10日前の鹿児島県で出った花達です。
ヒメキセワタ は前にどこかで見たのかな、と思えるシソ科の花でしたが、これが初めてでした。
ヒメキセワタ20190412-2

more »

屋久島へ(12)海辺で

テッポウユリ(ユリ科)
海岸植物は余った時間を利用して寄りましたが、馴染みの花が結構多かったです。テッポウユリの花が疎らに咲いていました。
テッポウユリ20170520

more »

屋久島へ(11)林縁、林下で

キリシマテンナンショウ(サトイモ科)
分布は屋久島を含む九州南部。ちょうど開花期で良かったです。別名ヒメテンナンショウという事でこの仲間では小さいと思います。昨年はちいさなミツバテンナンショウを見せてもらいましたが、あれは葉が仏炎苞より小さかったのを思い出しました。こちらは葉がりっぱです。葉は1個で鳥足状に小葉がつく。
キリシマテンナンショウ20170518

more »

 | HOME |  »

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索