私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

屋久島へ(12)海辺で

テッポウユリ(ユリ科)
海岸植物は余った時間を利用して寄りましたが、馴染みの花が結構多かったです。テッポウユリの花が疎らに咲いていました。
テッポウユリ20170520

more »

スポンサーサイト

屋久島へ(11)林縁、林下で

キリシマテンナンショウ(サトイモ科)
分布は屋久島を含む九州南部。ちょうど開花期で良かったです。別名ヒメテンナンショウという事でこの仲間では小さいと思います。昨年はちいさなミツバテンナンショウを見せてもらいましたが、あれは葉が仏炎苞より小さかったのを思い出しました。こちらは葉がりっぱです。葉は1個で鳥足状に小葉がつく。
キリシマテンナンショウ20170518

more »

屋久島へ(10)ヒメウマノミツバ等

ヒメウマノミツバ(セリ科)
久しぶりにこの植物に会いました。
ヒメウマノミツバ20170517

more »

屋久島へ(9)ヤクシマコケリンドウ等

ヤクシマコケリンドウ(リンドウ科)
登山道の途中、苔の中で見かけた小さいコケリンドウの仲間は屋久島の固有変種。根出葉は長さ7~15mm、深緑色が印象的でした。
ヤクシマコケリンドウ20170518

more »

屋久島へ(7)バラ科

ヤブイバラ (バラ科)
鹿児島できれいな花を咲かせている野いちごの花がありました。葉の特徴や刺などをみなければ、と思いますが、さっぱりで。。友人に名前を教えてもらいました。
ヤブイバラ20170516

more »

屋久島へ(6) ヒメヒサカキ

ヒメヒサカキ(サカキ科)は屋久島の高所、標高900~1500mに生える固有種。花も見る事ができて感動です。頑張って登って行った甲斐がありました。
ヒメヒサカキ20170518

more »

屋久島へ(5)ヤクシマミツバツツジ

ミツバツツジ(ツツジ科)
登山道の標高もだいぶ高くなってから花が見られました。高さ1~1.5mの落葉高木。株立ちになって枝は良く分岐しています。手前はヤクシマアセビ。高い位置から目の高さで撮影が出来た。
ヤクシマミツバツツジ20170518

more »

屋久島へ(4)サツキ等

サツキ ツツジ科
渓流の岩上に生えていました。高さは0.5~1mの半常緑低木。
サツキ20170517

more »

屋久島へ(3) アクシバモドキ

アクシバモドキ(ツツジ科)
屋久島の山地で主にスギに着生する落葉低木。登山道でも何度か見かけました。低木とはいえ、高さはどれも背の高さよりずっと上で、朝の木漏れ日を浴びて、若葉が綺麗だったのが印象的です。
アクシバモドキ20170518

more »

屋久島へ(2)ヤクシマアジサイ

ヤクシマアジサイ(ヤクシマコンテリギ)(アジサイ科)
林道や登山道の途中で良く咲いてました。今月初めにトカラアジサイをみていたので、どこが違うのか興味がありました。
ヤクシマアジサイ20170519

more »

 | HOME |  »

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索