FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

石垣島へ 2018.4.24~26(4)

海岸近くの花を少し。
ハギカズラ  マメ科
岩上を長く這う姿は良くありますが、花が蔓の下に隠れて見えないのか葉が多いわりに花は少ないなぁというのが印象です。
ハギカズラ20180426

more »

スポンサーサイト

石垣島へ 2018.4.24~26(3)

ミソボシラン ラン科
以前この花を見たのは3月後半だったので、もう終わってるかなと思いながら行ってみましたが、今年は遅れたのか、丁度いい時期でした。画面に収まりきれないほど株が多くて、もっと綺麗に撮りたかったのですが、山は雨露でぬれていて、さらに雷の音が聞こえだし、あたりが暗くなって、ゆっくりどころではありませんでした。
ミソボシラン20180424

more »

石垣島へ 2018.4.24~26(2)

ヒゲナガキンギンソウ  ラン科
丁度いい時でした。暗めの樹林下ですが、木漏れ日がさして日陰を作るのに一苦労。。草丈はこの株で40cm程度。石垣、西表に分布します。
ヒゲナガキンギンソウ20180426

more »

石垣島へ 2018.4.24~26(1)

久しぶりの石垣島でした。初日は後半雨に降られましたが、最後には快晴で、すでに初夏の気候でした。出会った草花や樹木などご紹介します。
シタキソウ(オキナワシタキヅル) キョウチクトウ科 
山に登る途中、足元に花が落ちていました。見上げると高い樹木の上を這っているのが見えました。
オキナワシタキヅル2018.4.24

more »

ヒイラギヤブカラシ

ブドウ科 ヤブガラシ属
石垣島の初日、雨の中草地をブラブラしていたら見た事のある花が目につきました。他の草の中を這うように生えています。
resize44295.jpg


more »

タカサゴボウラン

しばし休憩していました。今日の沖縄本島は34度、今年はやはり例年より暑いと思います。
それでも開花情報とか教えて頂くとやっぱり見たくなり、先週末から出かけて来ました。

ラン科 ボウラン属
ボウランは沖縄本島から与那国まで、日本でも紀州以南に生えていて、それほど珍しくはないですが、タカサゴボウランとどの位の違いがあるのか興味がありました。一昨年前に一度見た事はありましたが、その時は花はなく、岩壁に着いた姿を見ただけでしたが、今回はだいぶ高い位置ではあったものの、花が見られました。
雨の後レンズが曇り気味の所を無理やり写して来ました。
タカサゴボウラン2013.7.28-1

more »

ヒルギモドキ

シクンシ科 ヒルギモドキ属

5月と言えども晴天の日はクラクラしそうな砂の上を歩いて、海岸の側のマングローブの林内に入りました。石垣にも詳しい知人の後をついて行くと丁度花が咲いていました。
ヒルギモドキ2013.5.28-1

more »

クサミズキ

クロタキカズラ科 クサミズキ属

昨年の2月に西表で花の咲き始めをみました。これは5月に石垣島で咲いていたものです。中高木ですが、花は径5mm前後と小さい。枝の先に花序が出来ますが、これは上から見て撮りました。
クサミズキ2013.5.25-2

more »

ヤエヤマラセイタソウ

イラクサ科 マオ属

海岸に近い岩上や草地に生える低木状の多年生草本。
イラクサ科なので地味な花なんですが、葉は厚ぼったくて表面がでこぼこと葉脈がへこんで皺があり、一度見たら忘れられない姿でした。それに名前も変わっていますね。シワシワの葉は卵状円形で4~10cm縁は鈍い鋸歯がありました。葉の両面や葉柄、茎にも毛がありました。
ヤエヤマラセイタソウ2013.5.25-1

more »

リュウキュウコマツナギ

マメ科 コマツナギ属
西表では以前見た事がありましたが、石垣島では初めてでした。海岸の岩に這うミツバノコマツナギヤタヌキコマツナギと違ってこちらは高さ1~2mの低木です。これも海岸近くや、山裾、道路沿いの荒れ地などで見られます。左側は円筒形の豆果で、長さ2.5~4㎝。
リュウキュウコマツナギ2013.5.25-1

more »

 | HOME |  »

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索