私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カラクサシダ

ウラボシ科 カラクサシダ属
湿った苔に混ざって生えていました。
長さは4~5cm位だった様に思います。この属は日本ではこのシダだけ。
カラクサシダ2013.5.16-1

可愛らしいですね。葉の両面に褐色の毛がありました。
カラクサシダ2013.5.16-2

葉柄は葉身と同長かやや短め。葉柄にも毛がある。
ソーラスは葉裏いっぱいに広がっていて、小さいけど目立っていました。
カラクサシダ2013.5.16-3
スポンサーサイト

コメント

カラクサシダ

こまさん、おはよう
去年、コケの生えた岩をカラクサシダがないか目を皿のようにして見つけました。でも、どんなシダなのかイマイチつかめないままだったので、見つけることができなくて・・・こまさんの写真をみて、今年こそ~~o(炎_炎)o
可愛いシダなんですね。

>pandaちゃん、

こんばんは~~
苔に埋まっているのもあったし、色が綺麗な緑でなくて去年の枯れたのも混じってて、初めは見づらかったけど、よ~く見たらたくさんありました。
ひっぱり出して写しましたけど、岩上だったらそうでもないかもしれないなぁと思いました。
赤っぽい毛がいっぱいついている所がと、羽片の形が可愛かったよ^^
pandaちゃん、是非みつけて下さいね。私は楽してみましたが。。

明日からまたちょっと留守しますね。

カラクサシダ

 ちゃんとウラボシ科にしていますね。カラクサシダがイノモトソウ科(またはホウライシダ科)からウラボシ科に移されたのは、近年のDNA分析の結果。でも私は、はるかに前からウラボシ科に入れていました。おちついて考えれば、誰でもわかることです。
 カラクサシダ属は、東亜の暖帯や温帯に一種あるだけです。樹幹や岩壁にコケに埋もれて育ち、夏場には落葉します。いまごろは、そろそろ葉が黄ばみ始めることも。pandaちゃんも、秋から冬に探すのがよいかなぁ。ヒメサジランといっしょにあることも多く、夏場にヒメサジランが生えているところを見つけておくと良いかもしれませんね。

>みっちゃん先生

こんばんわ~~。
夏に枯れてしまうのですか。それで 色が悪くなったのも混ざっていたのですねー。なんでかなと思っていました。
ヒメサジランと一緒に見られることが、あるといういいヒントも、覚えておきたいと思います。

科の変更はよく考えていたのではないですが、イノモトソウ科とかホウライシダ科はソーラスのつき方は全然ちがうのでわかる気がします。
今日もシダを捜してふらついていました^^;:

カラクサシダ

こまさん、みっちゃん先生こんばんは
まだ留守ですよね、その間にみっちゃん先生とお話しさせてね。
去年カラクサシダを探したのは初夏~夏でした。見つからないわけですね r(^^; それから、長崎にはヒメサジランの記録がありません。ガックリ・・・でも、また頑張ります。

ヒメサジラン

 私も、便乗してpandaちゃんとお話を。改訂された長崎県レッドリスト(2011)には、CR(絶滅寸前種)としてヒメサジランが載っています。記録はあるのでしょうが、ごく稀なのでしょうね。でも、カラクサシダ単独で見られることもけっこうあるので、チャレンジする値打はありますよ。(夏に「炎メラメラ~」は、暑いし、徒労に終わりそう…)。

みっちゃん先生、pandちゃん、おはようございます。今日の夜帰ります。暑くて熔けそうです。(;´д`
カラクサシタの方が先に見つかりそうな感じですね。
頑張ってねー!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索